鳥取商工会議所青年部

会長あいさつ

平素より鳥取商工会議所青年部へご理解とご協力を賜りましてありがとうございます。平成29年度の会長を務めさせていただきます福田通拡と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 今期のスローガンは『全ては鳥取YEGの為に、全てはふるさと鳥取発展の為に!』~魅力ある人・企業・地域を築く為、力を合わせ行動を興そう~を掲げさせていただきました。景気の後退、少子高齢化、インターネットの普及による流通の変化など地方経済は様々な影響の中、活路を見い出せずにいます。地域を活性化させるのも企業を活性化させるのも原点となるのは人です。その学びの場がここにあります。

この場は私にとって道場です。何も分からない自分がこの場を借りて経験し勉強させていただいております。失敗を繰り返して行くうちに仕組みや方法を学びました。この時にいつも私の心にあるのが『体当たりの挑戦』です。鳥取県東部の気質・日本人気質で奥ゆかしさ謙虚さは大変素晴らしいものですが、1歩前に進む勇気を持つ事も必要です。その勇気は失敗を恐れていては取り組む事が出来ません。その勇気を支える言葉として『体当たりの挑戦』は無防備な言葉の様ですが、プレッシャーを和らげ肩の力を抜いてくれます。しかし体当たりで挑戦したといえども大きな失敗は許されません。鳥取商工会議所青年部では自分がやってみたいと思う事を仲間と協議し、経験豊富な先輩の指導を仰ぎ事業を遂行するという希少な経験ができる場所だと思っております。人として成長する上で当会での活動は不可欠な道場ではないかと思われます。

現在130名を超え大きな組織に成長し、活力溢れる会になっております。会員それぞれに素晴らしい持ち味のある方が集まっております。130の能力130の行動力を集結すれば今までにない新しい価値、イノベーションを生み出すことができ、そして更にその輪をYEGから広げ、多くの人との交流を持つことにより、多くの可能性を生むことができると思います。この地に可能性を生む事が発展への第1歩だと思います。

 今期は人・企業・地域のキーワードを元に委員会をつくり上げました。個の能力を高め仲間と結束し、地域経済発展の為豊かで住みよい郷土を築くために行動を起こしてまいります。

平成29年度 鳥取YEG スローガン

『全ては鳥取YEGの為に、全てはふるさと鳥取発展の為に!』 

~魅力ある人・企業・地域を築く為、力を合わせ行動を興そう~

平成29年度鳥取商工会議所青年部 委員会活動方針

委員会活動方針

総務広報委員会

組織運営の中核として、組織が円滑に進む様に縁の下の力持ちとなり会員が活動しやすい環境を作る

  • 例会、総会、R53、県連総会の企画運営を行う(但し、各委員会年1回例会を担当する)
  • 広報誌の作成
  • 新入会員教育の実施
  • 千本桜植樹事業の継続

提言提案委員会 

市政・県政・商工会議所について学び、商工発展の為に会員の意見を発信する

  • 市政、県政の勉強会実施
  • 市政、県政への提言提案
  • 商工会議所への提言提案

ビジネスネットワーク委員会

会員の仕事を紹介するツールを作成し活発なビジネス交流を生み出す

  • 会員間のビジネス紹介の方法を考案
  • OBを含め会員間のビジネス交流の場を企画運営

まち興し委員会

地域を経済的・精神的に活性化する為に企画・運営を行う

  • 新規まち興し事業の企画運営
  • お城祭りの企画運営
  • 袋川をはぐくむ会との共同事業

スキルアップ委員会

会員の知識・技能・経験の向上の為に勉強会を開催し、会員のレベル向上を目指す

  • 会員スキル向上のオープン委員会を開催する
  • 特別講師のオープン例会開催

会員交流増強委員会

会員を増員し新たなる価値を創出し、個のつながりを強め会を活性化させる

  • 会員増強の推進
  • (新入)会員間交流事業の企画運営
  • しゃんしゃん祭りへの参加

企画運営委員会

外部(団体)との交流を深め会員のネットワークを広げていく

  • 五青協つながりを深め他団体の交流の場を設ける
  • 星取県、小鳥の家族の企画運営
  • 花見の企画運営
  • 40周年記念式典・記念事業の準備

全委員会共通事項

委員会に出席出来ていない人のフォローをしっかりし、出席率を高める

委員会内でのリクレーションを年に1回以上行い交流を深める

最終目標会員数170名に向けて、全会員積極的に会員増強へ取り組む

各委員会、年に1回オープン委員会を開催する(テーマは自由)

page top