会長あいさつ

平成30年度鳥取商工会議所青年部会長を仰せつかりました杉内勝成と申します。
微力ではございますが、全力を傾けて頑張る所存ですので、どうぞ宜しくお願い致します。

本年度鳥取YEGは創立40周年を迎えます。
10月には40周年記念式典と記念事業を開催いたします。
今後も、設立以来諸先輩方が築き上げてこられた鳥取YEGのDNA(歴史や実績)の継承をしつつ、更なる飛躍と発展を図って参ります。

本年度の鳥取YEGスローガンを、「絆を結ぶYEG~我らが創る鳥取の未来~」と掲げさせていただきました。
私はYEGの素晴らしさは、なんと言ってもネットワークだと思っています。
地元企業を代表するメンバーと共に活動する事で生まれる絆は、一生涯の宝になります。
我々中小企業において一番大切な事は企業の存続だと思っています。
目先の利益より信頼できる仲間作りこそが最も大切だと思います。
しかしながら、YEG活動はそれぞれの所属企業とご家族の協力無くしてはあり得ません。
まずは、自社とご家族の事を第一と考えて頂きながら、メンバー全員がYEGの醍醐味である、「楽しさ、大変さ、やりがい」を共有し有意義な活動ができる環境を創りたいと思います。

また、我々鳥取YEGは近年の会員増強の成果もあり、県下で一番の会員数を誇る青年経済団体となりました。
活動においても、行政への政策提言や各事業がマスコミで紹介されるなど、地域から注目される存在となりましたし、地域から必要とされるYEGになったと思います。
本年度も、ふるさと鳥取の更なる発展のため、まち興し事業や行政への政策提言はもとより、新たな取り組みにも果敢にチャレンジし、地域の未来を構想して参ります。
もちろん、前年度からの事業も継続し、名実ともに地域で一番の青年経済団体を目指します。

本年度は私たち鳥取YEGにとって記念すべき年です。

これから先も、鳥取YEGが50年、100年と栄え、地域を支える青年経済団体として不動の地位を得るための新たな一歩を踏み出す年となるよう、メンバー一同全力で活動してまいりましょう。

平成30年度の活動記録

現在準備中です